アンマの病院(AIMS)の歴史的偉業

写真

こちらの画像の、ジット・クマール・サジ青年は、まだ18歳のときに、電気が原因の火事で大火傷を負い、両腕の肘から先を失いました。

この度、サジ青年に対し、アンマが設立したエイムズ病院(Amrita Institute of Medical Sciences & Research Center)の医師たちが、
インドで3例目となる両腕の移植手術(両前腕移植手術としては初)を成功させるという偉業を成し遂げ、彼に力を与えました。

 

写真

前腕移植手術(肘から先の移植手術 )は非常に難しく、世界でも数例しか前例がありません。
ジット青年は順調に回復しています。