「第26回アンマ来日プログラム」開催の御礼

「第26回アンマ来日プログラム」は、皆様のご協力のお蔭をもちまして無事に3日間の日程を終了することができました。

開催資金やアンマの人道的活動にご寄付下さった皆様、協賛広告等にご協力下さった皆様、 アンマの来日情報をクチコミやチラシ、インターネット等々で広めて下さった皆様、準備期間、開催中、そして今も行われている開催後の後片づけ等で、ご協力いただいている、すべてのボランティアの皆様、その他様々な形でご協力下さった皆様、ご来場者の皆様、そして26回も来日して下さったアンマや、随行者の皆様など このプログラムの開催に関わって下さったすべての方々に アムリタハート一同、心より厚く御礼申し上げます。

アンマもおっしゃっているように、このプログラムは、 ”一滴一滴の水が集まって大河になる”ごとく、 皆様お一人おひとりのご協力が集まって、はじめて実現できているものです。 皆様への感謝は、言葉で言い表すことはできません。

今年は、首都圏の会場不足等のため、開催確定までお時間を頂きましたが、 ようやく見つかった会場が渋谷でアクセスに恵まれ、皆様が口コミやSNS、ブログ等でアンマ来日をお伝えくださったことにより、過去最高の人数の方にご来場いただき、アンマの抱擁をお受けいただくことができました。

アンマの抱擁をお受けいただくことで、アンマが身をもって伝えておられる愛や平安、思いやり、様々な美徳などが、抱擁をお受けになった方はもちろん、周囲の方々、更には、日本全体や世界に、善い影響をもたらしてくれることと存じます。

アンマは、わたしたち皆が、プログラム前後だけでなく、毎日の暮らしの中で、絶えず、善いことを継続してゆくことを願っておられます。

それは例えば、愛や思いやり、平安、自意識のない本当の謙虚さ、 絶えず自分を改善してゆく努力、忍耐強さ、どんな時にも内面的な幸福感を保つ決意、などを、すべての瞬間に、保ち続け、育み続けてゆくことです。

そういう内面を保ち、育み、愛と微笑みをもって周囲に接することで、 それが自然と、人々の内にも同じような感覚を創り出し、それによって周りがすべて幸福で満たされ、家族や国や世界を、愛でもっと完全に花開かせてゆくことができる、という意味のことを、アンマはおっしゃっています。

わたくしどもアムリタハートも、このアンマの精神に基づいて 今後ますます、活動を充実させるよう、努力してまいりますので どうぞ今後とも、より多くの皆様に、 日本でのアンマ関連の活動にご参加・ご協力いただけますよう、 何卒よろしくお願い申し上げます。

アンマは、最終日20日午後の部の抱擁を、翌21日の早朝まで、休むことなく続けられ、その後も日本や世界各国に関わる様々な仕事をなさって、 同じ日の午後には、アメリカ・カナダ・日本でのプログラムで2カ月近く 離れておられた、南インドのアムリタプリへ向けて日本を発たれました。

今年、ご来場になれた方も、なれなかった方も、来年、会場でアンマにお会いになれますよう、心より祈念致しております。

アンマが日本を去られて寂しく感じておられる方も多いことと存じますが、今秋、10月中旬から11月中旬まで、アンマの高弟スワーミ・プールナアムリターナンダ・プリ(スワミジ)が来日され、日本各地において、様々なイベントでアンマの逸話を交えたお話などもしてくださる予定です。 どうぞそちらにもお気軽にご参加いただき、スワミジとご交流いただくとともに、アンマについて更に深く知っていただければ幸いです。詳細は近日公開予定です。

改めまして、2016年アンマ来日プログラムを無事に開催させていただきましたことを、アムリタハート一同、心より、深く感謝申し上げます。

特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハート