アンマが国連で基調講演を行いました

アンマは、アムリタ大学と国連アカデミック・インパクト(United Nations Academic Impact : UNAI)共催の会議において、
アムリタ大学の学長として、世界を代表する93大学の代表者を前に講演を行いました。

講演の中でアンマは科学界に対し、気づきと思いやりを持って研究に取り組むことを促し、彼らが技術的な研究に着手する際に、貧しい人々や苦しんでいる人々の生活向上を念頭に置くことの重要性を強調しました。

写真

「こんにち、大学や研究者は、彼らが受け取る資金の額や、発表する論文の数や、
知的能力によって主にランク付けされていますが、そうしたことだけでなく、彼らの研究が、社会の最下層にいる最も弱い立場の人々に、どのくらい役立ってきたかを考慮に入れるべきです」と述べました。

写真

UNAIの主任であるラム・ダモダラン氏に促され、93の大学から来た100人以上の教員たちが、人道的支援を提供するという具体的な目的に関する研究と開発、
および『国連持続可能な開発の促進』に協力する各自の意志を表明する署名を行いました。

写真